今日もお日様ありがとう。絵描きのブログ

心を通り過ぎていく雲模様を綴っていきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木と呼吸の話。

レッスンは小野さんに会った瞬間から始まっていたようです。
小野さんはただ話しているようですが、話しを聴きながらどんどんいっしょに異次元の旅をしている感覚に陥ります。
私は息をするとき
何が起こるか。
与え、取り込む、
笛を吹くと同時に聴くという世界も生まれる。
木というあり方はどうか。
天と地をつなぐもの
繋いでただ在って、呼吸する。
人が木となって
木は人となって
呼吸を音で表現してくれる。
呼吸とは何か
生きること
笛を吹くとは生きることの表現。

「だから、ぼくの笛は今際の笛というんだ。
人が死ぬ間際の生の音さえも出せるように。
そういう風に作ってるんだ。」

小野さんの話を受けて
どんなときも一緒に肌身離さず笛を持っていてくれてる生徒さんがいるという話も。

木がこんなに人とつながっている感覚、
木と一体になる感覚。


そのことを心に刻んで
改めて北海道の木々に向かう。
赤松もとど松も蝦夷松も、、すごく優しい。
本当にやわらかくて樹皮もあったかくて
こんなに寒い土地なのに。

優しいトドマツの笛を屋久島で吹いてみたい。
そして屋久島の木で笛を作ってもらいたい。

きっとこれから私が「呼ばれて」行く土地でなにかを伝えたり受け取ったりしてくれるだろう
そんな思いがこみ上げてきました。

自分の呼吸を奏で
自分の心臓の音を太鼓の鼓動に変える。
生きるおと。
生きるうた。
生きるおどり。

わたしのなかで『本当のこと』が意識と無意識層に伝わった、
そんなヒビキの時でした。

小野さん、心の師匠です。ありがとうございます。

20131208-12 005



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

守護画家ひのみ♪

Author:守護画家ひのみ♪
わくわく大好き。クリエイターです。
(​twitter)http://twitter.com/cosmos0505
(mixi)http://mixi.jp/show_profile.pl?id=633318&from=navi

★画家
14歳の初個展から30年以上のキャリア・大手企業にイラストレーション提供​。2011年より守護存在を描く守護画家として活動始める。
あとりえHi+Mi
http://atelierhinoko.cart.fc2.com/



★文部科学省所管
​財団法人生涯学習開発財団認定アートワークセラピスト

​(高齢者向けデイケア施設でのワークショップ)
​(「極楽浄土の祈り」主催)
​エリクソン催眠セラピスト
「​はなすの庭」セラピールーム主催

このブログの写真、オリジナル画像の無断無許可でコピー及び使用は禁止しています。ご協力お願いいたします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

メール ponocchi2005-hinoko★yahoo.co.jp (☆を@に変えてください)

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。