今日もお日様ありがとう。絵描きのブログ

心を通り過ぎていく雲模様を綴っていきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣けた本


「斎藤一人 人生の問題がスーッと解決する話」 小俣和美著
「地球が天国になる話」 斎藤一人著

肉親との確執、親子の問題を抱えている人、いじめをしている人、いじめられている人に是非読んでもらいたい本。
私は虐待のトラウマから両親との関係にトラブルを持っています。そしてそのトラウマは自分が気がつかないところでいろんな人間関係に影響していました。今は自分で決断して両親と別れ、彼らとは音信不通の状態ですがやっと落ち着いて今までのことを深く見直すことができる時間ができたと思っています。
いい子でいるのをやめて罪悪感と戦って自分の本当の姿や考えをまとめたり、どうやって自分にも他人にも誠実にみんな幸せに生きられるのかを真剣に考えてきました。

いろんな本を読んだり、反省実行しているうちにいろんなご縁ができて今の私がいます。
この学びの中で私が抱えているような問題はその当事者のためにすべてあるのだと確信しました。
たとえば私に与えられた課題は「信じること」です。
それをどうやってすべて円く幸せにおさめるか(いろんな意味があるのでわざと漢字を使いません)が人生の目標でそれをいち早く気づけたらラッキーなのだと。そのラッキーは何かというと商売がうまくいったり何か成功したり、人に愛されたりしていくということ。
そしてそのためには他人を変えるんじゃなくて自分の考えを変えればいいこと。

でも自分の考え方、見方を変えるのはとても簡単なようでとても難しい。それを実践することも。
たとえばニュースでいじめを隠す校長の姿があったとします。
解説者は一方的に校長個人を責めています。私もはじめは「けしからん」と思います。
でもですね。ここで見方を4つ用意しましょう。
いじめられた子はなんで自分を追い込んだんでしょう。いじめた子は何でいじめたんでしょう。親はなんで子供の状態にきづかなかったのでしょう。学校や教育委員会などの組織はなんで校長だけに話をさせるのでしょう。。見えなかったものが見えてくる気がします。

すべての当事者に見直すべき課題が超えていければ幸せになれる課題があるんですね。
ある事象は悪いとか良いとか簡単に判断できない、、自分は良いとか悪いとか言える立場にないということがわかります。
だって自分も課題を乗り越えようと頑張っている道程ですから。
ニュースをみるとこのごろは殺人を犯した極悪犯でも「頑張ってその業をのり超えてください」亡くなった人には「よくのり超えたね」と思い、残された遺族にはそのことできっと学ぶべきことが彼らにあるのだ、と思うようになりました。そしてそういうことがあるたびにそれが自分の子供だったらと本気で考えるようになりました。
もっともっとよく見方を学んでトラウマを溶かしていつかはすべてを信じていければと思います。

読んでいただいてありがとうございました。(むろぴいさんの真似^^)

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

守護画家ひのみ♪

Author:守護画家ひのみ♪
わくわく大好き。クリエイターです。
(​twitter)http://twitter.com/cosmos0505
(mixi)http://mixi.jp/show_profile.pl?id=633318&from=navi

★画家
14歳の初個展から30年以上のキャリア・大手企業にイラストレーション提供​。2011年より守護存在を描く守護画家として活動始める。
あとりえHi+Mi
http://atelierhinoko.cart.fc2.com/



★文部科学省所管
​財団法人生涯学習開発財団認定アートワークセラピスト

​(高齢者向けデイケア施設でのワークショップ)
​(「極楽浄土の祈り」主催)
​エリクソン催眠セラピスト
「​はなすの庭」セラピールーム主催

このブログの写真、オリジナル画像の無断無許可でコピー及び使用は禁止しています。ご協力お願いいたします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

メール ponocchi2005-hinoko★yahoo.co.jp (☆を@に変えてください)

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。